"未分類"の記事一覧

「相続弁護士養成講座」全6巻を発売&弊所勉強会参加

本日、レガシイさんから、相続弁護士養成講座を発売しました。レガシイさんからは、たくさんのDVD等を発売させていただいているのですが、こういう構成は初めてです。今後、法曹界で活躍が期待される弁護士さんに向けて、こういうDVDを発表させていただくのは、大変、光栄です。 1~5巻は、森・森元が遺産相続を担当し、6巻は司法書士の元木先生が、相…

続きを読むread more

遺言者の人権を守る

遺言というのは、その人が人生最後に残す言葉である。最大限、尊重する必要がある。 ただ、遺言は、遺言者の死後の財産の承継を定めるという特徴があり、実は、一番利害関係があるのは推定相続人や関係者である。そのため、遺言作成に当たっては、これらの人たちが干渉してきがちであり、遺言者の真意は無視されがちである。 代理人として、遺言を扱う際…

続きを読むread more

「すぐに役立つ 入門図解 最新 家事事件手続法のしくみと手続き 実践書式50」を出版

森・森元で三修社より「すぐに役立つ 入門図解 最新 家事事件手続法のしくみと手続き 実践書式50」を出版します。 https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384049220/ 民事訴訟法とか刑事訴訟法は誰でも知ってるけど、家事事件手続法となると、一般の方は、存在自体、知らない人がいるかもし…

続きを読むread more

法律家のための相続判例のポイント 8月2日より出版されました。 

裁判所内の本屋「至誠堂書店 霞が関店」で、8月2日より、「法律家のための相続判例のポイント」が店頭にならんだようです。 https://www.kajo.co.jp/c/book/40948000001 至誠堂のホームページをみると、トップにどーんと出てきます。 実は、ここのホームページ初めて見ました。 そのホームページに「…

続きを読むread more

予告!「法律家のための相続判例のポイント」を出版

日本加除出版から、森・森元共著の「法律家のための相続判例のポイント」を出版します。 https://www.kajo.co.jp/c/book/05/0501/40948000001 日本加除のHPは、7月刊となっていますが、Amazonでは8月15日に発送となっていますので、実際に店頭に並ぶのは8月なのではないでしょうか? 前二…

続きを読むread more

現在も続く部落差別問題

法務省は、人権啓発活動重点目標として、以下の17項目を挙げています。 (1) 女性の人権・ (2) こどもの人権・ (3) 高齢者の人権・ (4) 障がい者問題 ・(5) 部落差別(同和問題)・ (6) アイヌ問題・ (7) 外国人の人権 ・(8) 感染症に関連・ (9) ハンセン病問題 ・(10) 刑期終了者問題・ (11) …

続きを読むread more

「査定書」という表現、実は、違法です

建物とその敷地を評価する際、敷地は路線価等の公的価格から値段を推測し、建物は固定資産税評価額とし、これを合算して、その評価とします。 しかし、これは、一戸建ての場合、マンションは、路線価等の公的価格から推測できません。特に高額な物件ほど、土地価格+建物価格では、取引価格が算出されません。例えば、都心のタワーマンション、最近は、何億もす…

続きを読むread more

生命保険金と遺産 &出そろったLGBT判決

生命保険金の受取人欄が個人名の時は、遺産にならない、ということは、最近は、多くの弁護士さんが理解するようになりました。しかし、受取人欄に相続人と記載されている場合、あるいは受取人欄が白紙だけど、約款に受取人欄が白紙の時は相続人と記載してある場合のケースだと、いまだに遺産だろう、と誤解しておられる弁護士さん、多いですね。 設例1 …

続きを読むread more

弁護士ドットコムタイムズVol・67 トップランナーの5選のうち「相続分野」で弊所代表森が紹介されました

業界紙ですが、我々の間では有名な書籍に弁護士ドットコムタイムズというのがあり、今月号の特集として、「著名弁護士の本棚」という特集記事があります。その特集記事のなかで、トップランナーの5選として、「相続分野」で弊所代表森が、「トップランナー」として、おすすめの相続本5選を推薦しています。 狭い業界内で、たまたま書籍を出して、たまたまちょ…

続きを読むread more

LGBTQ & 外国人の人権

同性婚判決について 同性婚を認めないのは違憲かどうかをめぐる裁判で、札幌、名古屋が「違憲」、大阪が「合憲」、東京・福岡が「違憲状態」という判断を示しました。国家賠償は、いずれも請求棄却。 「違憲状態」という判決が続いたことで、今後は、「現行法は違憲ではないが、同性婚に何らの法的保護を与えていないのは違憲状態である」という判断が主…

続きを読むread more