支援措置非難が別居親を追い詰めている

【保護命令以外に支援措置が必要になる理由】 DV・モラハラ事案と単なる性格の不一致事案との間には明確に線引きできる境界線というものはなく、多くの事案は白から黒へと連続的に変化する境界線上に立ち、判断者の立ち位置によって、白とも黒とも見えるケースが多い。特に、モラハラというのは、多くの場合、何か決定的な出来事があるというより、「被害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「妻六法」出版します。

2022年1月28日、扶桑社から、森・森元で一般の方向けに「妻六法」出版します。 https://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594090418 この書籍は、「家庭の医学百科」の法律版で、普通の家庭の奥様が、日常生活で直面するいろいろな法律問題について、解決策と根拠条文、相談先などを載せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺産分割における閉鎖会社の株価判定法

遺産分割において、中小規模の完全閉鎖会社の株式が遺産であることは珍しくない。しかし、市場性のない、これらの株式をどのように評価するかは難しい問題である。 この評価の難しさは、その相続人の置かれた立場によって、株の評価が異なってくるからである。支配株主的立場として相続するのか、少数株主として相続するのか、それとも、単なる従業員株主として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「図解で早わかり 最新インターネットの法律とトラブル対策」を出版

令和4年1月21日に森・森元で三修社から「図解で早わかり 最新インターネットの法律とトラブル対策」を出版します。 https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384048841/ 個人の発信する情報が、ネットで一瞬のうちに全世界に拡散します。これにより、マスコミによる情報発信の独占が崩れ、個々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共同親権論議にどれほどの意味があるのか?

あけましておめでとうございます。今年のライフスタイルは、毎年同じだが、「巣林一枝」(そうりんいっし)分不相応な高望みはしない、つまり、分相応に生きていく、ということで、平均点弁護士の自分にはふさわしい言葉である。 さて、最近、何かと話題の共同親権。これは、自分の浅学菲才が原因だと思うが、この論争にどれほどの意味があるのか、理解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more